民間資格 Space Designer検定試験

Space Designer検定試験とは?

Space Designer検定試験とは、建築図面を理解し、ソフトウェアを利用したリアルなCGインテリアパースと説得力のある提案書を作成できる人材を評価・認定する試験制度です。
  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? 1級:★★☆☆☆(やや易しい)。
2級:★☆☆☆☆(やさしい)。
近年合格率は、
1級:40.6%
2級:78.1%ほど。
就職は? 建築会社、リフォーム関連企業、家具業界、自動車メーカー、イベント会社など。活躍の場は多岐にわたります。センスは必要になるので、色々な知識を常に取り入れる必要があります。
リフォーム、リノベーションの需要が高まっており、持っていても損の無い資格です。
仕事内容は? 住宅から、商業施設、オフィスなどの空間コーディネートやリノベーションに関わるプラン提案、各種調査・分析・企画設計、進捗管理業務、施工管理などを行います。

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限無し


試験内容

配布された問題に対し、基礎課題、応用課題の順でパース画と提案書を作成し、期限内にアップロードします。
(提出する課題は、指定された解像度とサイズのJPEGとPDFデータである必要があります。)
使用できるソフトについては、JPEG画像とPDFが作成できるものであれば、職場や自宅での課題作成になるためソフトの指定はありません。
例:
AutoCAD、ARCHITREND、ARCHICAD、Revit、Shade3D、SketchUp、VectorWorks、3DSmax、3Dマイホームデザイナー、マイシーンデザイナー、Photoshop、PowerPoint、Illustratorなど


●提出形式

□基礎課題(パース画)
  • ファイル名を付ける(指示された番号を半角で記入)
  • ファイル形式:JPEGファイル(ファイルサイズ5Mバイト以下)
  • アスペクト(縦横)比:自由(作図の意図による)
  • 画像サイズ:試験問題に指定されたサイズで作図すること
  • カラー:24ビットカラー(1,677万色)/RGB
  • ※ 採点評価は紙出力ではなくモニター画像での目視による
  • ※ 画像データを1つのフォルダ(フォルダ名:A 半角)に入れzip形式で圧縮し、アップロードすること
□応用課題(提案書作成)
  • ファイル名を付ける(指示された番号を半角で記入)
  • 完成パース画像1点
  • PDFデータ(A3サイズ1枚)
  • ※ PDFデータと画像データを1つのフォルダ(フォルダ名:B 半角)に入れzip形式で圧縮し、アップロードすること

●課題内容

□基礎課題(パース画

(試験開始日より4日以内にアップロードを行う必要があります。
期間内であれば何度でもアップロード可能(上書き保存される)。)

  • ① 指定の部屋のパース画
  • ② 指定方向から見た指定の部屋のパース画

(課題内容は毎年異なります)


□応用課題(提案書作成)

(基礎課題の作品提出後、期限最終日までにアップロードを行う必要があります。
期間内であれば何度でもアップロード可能(上書き保存される)。)

  • ① 完成パース画
  • ② 提案書(PDFファイルA3サイズ1枚に、空間コンセプトをまとめたもの)

(完成パース画の内容は毎年異なります)


☆過去問はこちら


合格基準

「評価・判定委員」がすべての受験者のパース画および提案書を「評価基準」により総合的にチェックし、その結果に基づき判定され、評価は100点満点をベースに、下記の1級・2級の2段階で評価されます。


●1級

基礎課題の総合評価で70点以上、応用課題の総合評価で80点以上で合格となります。


●2級

基礎課題の総合評価で70点以上で合格となります。 (応用課題は提出しなくても合格基準を満たせば取得可能)


願書申込み受付期間

  • ① 11月下旬〜翌年1月中旬頃まで

受験申込ページ


試験日程

  • ① 2月上旬〜中旬頃まで

受験地

学校、職場、自宅などで受験可能。


受験料(税込み)

16,500円(10名以上の団体13,200円)


合格発表日

  • ① 10月下旬頃
  • ② 3月下旬頃

受験申込・問合せ

一般社団法人コンピュータ教育振興協会 03-3560-8435
問い合わせフォーム


ホームページ

一般社団法人コンピュータ教育振興協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


Space Designer検定試験に関連する資格

CAD利用技術者試験  3Dプリンター活用技術検定試験