民間資格 計装士

計装士とは?

計装士とは、計測制御機器の取付工事やそれにともなう配管・配線工事の設計や監督を行う専門家の能力を認定する資格です。

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は学科50%、実地70%ほど
就職は? 電気設備会社など。計装設備の取り付けなどを行う技術者のニーズは高く、今後もその傾向は続くと思われます。
仕事内容は? 計測制御装置の取り付け、配管・配線工事の設計、監督などを行います。

関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる

 資 格 概 要

受験資格

●1級

1. 計装工事の設計・施工の実務経験5年以上(2級有資格者は4年6ヶ月)の者で、
  指導監督的実務経験1年以上を含む者。
 ※
 実務経験とは、建築物その他の工作物もしくは、その設備において計測・制御・
 監視設備工事又はデータ回線工事の設計・施工に従事した期間をいいます。
 指導的実務経験とは現場主任技術者、工事主任・設計主任などの職にあって
 部下を指示・指導・監督する業務、あるいは工事の施工管理業務に従事した
 経験を言います。

●2級

1.計装工事の設計・施工の実務経験2年以上の者。
 ※
 実務経験とは、建築物その他の工作物もしくは、その設備において計測・制御・
 監視設備工事又はデータ回線工事の設計・施工に従事した期間をいいます。


試験内容

●1級(A+B/4時間)

□学科A

@計装一般、A計器、B計装設計、C工事の積算、D検査と調整、

□学科B

@工事施工法、A安全衛生、B法規
※1級電気工事施工管理技士及び1級管工事施工管理技士は学科Bが免除されます。
※学科試験合格者は次年度、次次年度の学科試験が免除されます。

□実地(4時間)

@工事計画、A材料並びに製品の判定、B計装設計、C計装工事設計、
D制御ロジック、E検査調整、F安全衛生、G計装工事材料積算・計装工事工数積算
(55〜65%以上の正答率で合格となります。)

●2級(A+B/4時間)

□学科A

@計装一般、A計器、B計装設計、C検査と調整

□学科B

@工事施工法、A安全衛生、B法規
※1・2級電気工事施工管理技士及び1・2級管工事施工管理技士、第一種電気工事士は学科Bが免除されます。
※学科試験合格者は次年度、次次年度の学科試験が免除されます。

□実地

@工事計画、A材料並びに製品の判定、B計装設計、C計装工事設計、
D制御ロジック、E検査調整、F安全衛生、
G計装工事材料積算・計装工事工数積算
(55〜65%以上の正答率で合格となります。)


願書申込み受付期間

5月上旬〜下旬頃まで


試験日程

●1級・2級とも

□学科・・・・8月下旬頃
□実地・・・・12月上旬頃

受験地

仙台、千葉、名古屋、大阪、福岡


受験料

●1級・2級とも

□学科・・・・7,200円
□実地・・・・17,000円

合格発表日

●1級・2級とも

□学科・・・・10月上旬頃
□実地・・・・2月末日頃

受験申込・問合せ

一般社団法人 日本計装工業会 03-3580-8921

ホームページ

一般社団法人 日本計装工業会


参考書・問題集

関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


計装士に関連する資格

管工事施工管理技士  建築設備士  建築施工管理技士