国家資格 造園施工管理技士

造園施工管理技士とは?

屋上緑化・公園・庭園・道路緑化工事等、造園工事における適正な施工ための、主任技術者や管理技術者育成のために設置された国家資格です。
  業務独占資格  名称独占  実務経験なしで受験できる国家資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。
近年合格率は、1級学科:26.1%、1級実地:26.4%、2級学科:51.3%、2級実地:39.7%ほど。
就職は? 1級を持っていれば、自治体が発注する造園工事などを請け負って工事を行う事ができるため、造園業者からの評価はとても高い。
仕事内容は? 公園工事や緑地化工事などの造園工事の施工計画を作成し、現場の工程管理や安全管理を行います。

この資格の書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる

 資 格 概 要

受験資格

●1級

□筆記

1.大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験者。(指定学科以外は、4年6ヶ月)
2.短大、高等専門学校の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験者
 (指定学科以外は、7年6ヶ月)
3.高校卒業後後、10年以上の実務経験者(指定学科以外は、11年6ヶ月)
4.15年以上の実務経験者
5.2級合格後、5年以上の実務経験者
6.2級合格後、1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験。など

□実地

1.平成22年度学科試験合格者
2.平成21年度の学科試験に合格し、実地試験が不合格又は欠席した者
3.技術士法による第二次試験のうち、技術部門を建設部門、農業部門(選択科目を
 「農業土木」とするものに限る。)林業部門及び森林部門(選択科目を「林業」又は
 「森林土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門に
 係るもの、「農業土木」、「林業」又は「森林土木」とするものに限る。)とするものに
 合格した者で、1 級造園施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者

●2級

1.大学の指定学科卒業見込み又は卒業後1年以内の者。
2.短大・高専の指定学科卒業見込み又は卒業後2年以内の者。
3.高校の指定学科卒業見込み又は卒業後3年以内の者。など

□実地

1.平成21年度の学科試験に合格し、実地試験が不合格又は欠席した者
2.平成17年度までの造園施工技術者試験の合格者で所定の実務経験(上記(1))
 を有する者
 (平成23年度まで「学科試験免除」となり「実地試験のみ」受験できます。)
3.技術士法による第二次試験のうち、技術部門を建設部門、農業部門(選択科目を
 「農業土木」とするものに限る。)林業部門及び森林部門(選択科目を「林業」又は
 「森林土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門に
 係るもの、「農業土木」、「林業」又は「森林土木」とするものに限る。)とするものに
 合格した者で、2級造園施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者
4.上記(2)の<学科試験のみ受験者>で学科試験に合格した者で、指定学科を
 卒業後所定の実務経験(上記 (1)の@指定学科)年数を有する者
 (以下のイ〜ハの条件により連続する2回の実地試験を受験する事ができます。)
  イ(2)の@の資格で学科試験を受験し合格した者で大学の指定学科を卒業後
    4年以内の者
  ロ(2)のAの資格で学科試験を受験し合格した者で短期大学又は高等専門学校
    の指定学科を卒業後5年以内の者
  ハ(2)のBの資格で学科試験を受験し合格した者で高等学校の指定学科を
    卒業後6年以内の者


試験内容

●学科試験

@土木工学等、A施工管理法、B法規

●実地・・・・施工管理法


合格基準

●1級・2級

学科試験:満点中、60%以上の得点率で、合格となります。
実地試験:満点中、60%以上の得点率で、合格となります。


免除(科目等)について

●1級

□学科試験免除者(下記いずれかに該当する者):

@前年度の1級学科試験合格者
A
技術士法による第二次試験のうち、技術部門を建設部門、農業部門(選択科目を「農業土木」とするものに限る。)、林業部門及び森林部門(選択科目を「林業」又は「森林土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門に係わるもの、「農業土木」、「林業」又は「森林土木」とするものに限る。)の合格者で、1級造園施工管理技術検定・学科試験の受験資格を有する者。

●2級

□学科試験免除者(下記いずれかに該当する者):

@前年度の2級学科試験合格者
A
技術士法による第二次試験のうち、技術部門を建設部門、農業部門(選択科目を「農業土木」とするものに限る。)、林業部門及び森林部門(選択科目を「林業」又は「森林土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門に係わるもの、「農業土木」、「林業」又は「森林土木」とするものに限る。)の合格者で、2級造園施工管理技術検定・学科試験の受験資格を有する者
B
学校教育法による大学を卒業した者で在学中に施工技術検定規則(以下「規則」という)第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後1年以内に2級造園施工管理技術検定の学科試験に合格(在学中の合格も含む。以下同じ。)し、卒業した後4年以内に行われる連続する2回の2級造園施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で造園施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
C
学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後2年以内に2級造園施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後5年以内に行われる連続する2回の2級造園施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で造園施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者
D
学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者で、2級造園施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(短期大学又は高等専門学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、短期大学又は高等専門学校を卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級造園施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で造園施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
E
学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で在学中に規則第2条に定める学科を修め、かつ、卒業後3年以内に2級造園施工管理技術検定の学科試験に合格し、卒業した後6年以内に行われる連続する2回の2級造園施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で造園施工管理に関し3年以上の実務経験を有する者
F
学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、2級造園施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び短期大学又は高等専門学校在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後7年以内に行われる連続する2回の2級造園施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で造園施工管理に関し2年以上の実務経験を有する者
G
学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、2級造園施工管理技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業(高等学校又は中等教育学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修めたものに限る)し、高等学校又は中等教育学校を卒業した後8年以内に行われる連続する2回の2級造園施工管理技術検定・実地試験を受験しようとする者で造園施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者

□実技試験免除者(下記いずれかに該当する者):

@
学校教育法による大学を卒業した者で在学中に施工技術検定規則第二条に定める学科を修め卒業後1年以内の者又は試験日の属する年度の3月までに同条に定める学科を修めて卒業する見込みの者
A
学校教育法による短期大学又は高等専門学校(旧専門学校令による専門学校を含む)を卒業した者で在学中に施工技術検定規則第二条に定める学科を修め卒業後2年以内の者又は試験日の属する年度の3月までに同条に定める学科を修めて卒業する見込みの者
B
学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で在学中に施工技術検定規則第二条に定める学科を修め卒業後3年以内の者又は試験日の属する年度の3月までに同条に定める学科を修めて卒業する見込みの者


願書申込み受付期間

5月下旬〜6月上旬頃まで


試験日程

●1級学科・・・・9月上旬頃
●1級実地・・・・12月上旬頃
●2級学科・実地・・・・11月中旬頃


受験地

●1級

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

●2級

札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、
沖縄


受験料

●1級学科・・・・10,400円
●1級実地・・・・10,400円
●2級学科・実地試験・・・・10,400円
●2級学科試験のみ・・・・5,200円 ●2級実地試験のみ・・・・5,200円


合格発表日

●1級学科・・・・10月中旬頃
●1級実地・・・・翌年3月上旬頃
●2級・・・・翌年3月上旬頃


受験申込・問合せ

一般財団法人全国建設研修センター 試験業務局造園・区画整理試験部造園試験課
042-300-6866

ホームページ

一般財団法人全国建設研修センター


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


造園施工管理技士に関連する資格

グリーンアドバイザー