国家資格 安全衛生推進者

安全衛生推進者とは?

安全衛生推進者とは、常時10人以上、50人未満の労働者がいる事業所、営業所や工場において、安全衛生推進者養成講習を修了した後、安全衛生管理の実務について選任された者のこと。衛生管理者の下位資格。
上記の労働者がいる企業においては、安全衛生推進者養成講習を修了した者を、安全衛生推進者を選任し、労働者の安全や健康確保などの業務を担当させ、労働者に周知するため氏名を掲示するる必要があります。
  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
講習で取得できます。
勉強時間は? 勉強時間は2日間。2日間とも5時間の講習で取得できます。
就職は? 建築系、発電プラント、倉庫業など。求人は多くない。
仕事内容は? 労働安全衛生法に基づく各種作業現場の安全管理指導、安全管理に関する交渉、工事現場安全パトロール、作業員安全指示、安全書類等作成、事故発生時対応、事務処理、安全協議会の構築などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし

安全衛生推進者、衛生推進者を選任する場合は、次の経歴・経験、講習修了者、資格を有する者から行なわなければなりません。

  • 大学、高等専門学校卒業者で1年以上安全衛生の実務に従事している者。
  • 高等学校、中等教育学校卒業者で3年以上安全衛生の実務に従事している者。
  • 安全衛生の実務経験5年以上の者。

    衛生推進者の場合は、1〜3について衛生の実務に従事している者。
  • 労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント等の資格を有する者。
  • 都道府県労働局長の登録を受けたものが行う講習修了者。

受講内容

□1日目
  • ① 安全管理(2時間)
  • ② 安全衛生教育(1時間)
  • ③ 危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置等(2時間)

□2日目
  • ④ 作業環境管理と作業管理(2時間)
  • ⑤ 健康の保持増進対策(1時間)
  • ⑥ 安全衛生関係法令(2時間)

講習修了後、修了証が授与されます。


免除(科目等)について

  • 安全管理者の資格を有する者は、@安全管理、A安全衛生教育、B危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置等が免除。
  • 昭和49年3月4日付け基発第112号「安全推進員及び労働衛生管理員制度について」に基づく安全推進員講習修了者は、@安全管理、A安全衛生教育、B危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置等が免除。
  • 衛生管理者の資格を有する者は、A安全衛生教育、B危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置等、C作業環境管理と作業管理、D健康の保持増進対策が免除。
  • 昭和49年3月4日付け基発第112号「安全推進員及び労働衛生管理員制度について」に基づく労働衛生管理員講習修了者は、A安全衛生教育、B危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置等、C作業環境管理と作業管理、D健康の保持増進対策が免除。

願書申込み受付期間

実施団体、会場により異なります。詳しくは最寄りの労働局までお問い合わせ下さい。


受講日程

実施団体、会場により異なります。詳しくは最寄りの労働局までお問い合わせ下さい。


受験地

北海道、宮城、東京、大阪、愛知、福岡ほか、各都道府県


受講料

12,000〜13,290円(テキスト代込み)程度。


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受験申込・問合せ

公益社団法人 労務管理教育センター 03-6417-4596
各都道府県 労働局

ホームページ

公益社団法人 労務管理教育センター


参考書・問題集

関連書籍はこちら


安全衛生推進者に関連する資格

衛生管理者  衛生工学衛生管理者  労働衛生コンサルタント