民間資格 経営学検定試験(MQT)

経営学検定試験(MQT)とは?

経営学検定試験とは、経営に関する基礎的・専門的知識やその応用能力としての経営管理能力や問題解決能力が一定水準に達していることを全国レベルで資格認定する検定試験です。経営学検定の初級、中級が中小企業診断士の1次試験。経営学検定の上級1次が中小企業診断士の2次試験の事例の内容に近いです。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  コンビニで申込みできる資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格

その他情報

難易度は? 上級:★★★☆☆(普通)
中級、初級:★★☆☆☆(やや易しい)
近年合格率は、
上級:一次/66.7%・二次/61.9%
中級:一次/55.7%・二次/41.5%
初級:51.9%ほど。
就職は? ネームバリューにまだまだ乏しいため、就職などに利用したい場合は中級以上はほしいところ。また、理論や学問的な内容を中心にしているため、実務に即、活かすのは難しいが、中小企業診断士などの国家試験と学習する内容が重複しているため、経営学の体系的な学習に活用することできます。

参考書はこちら    問題集はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●上級

1次試験・・・・中級合格者
2次試験・・・・上級1次試験合格者(上級合格後、次の試験から3年間有効)


●中級分野別再受験

分野別合格後1年間有効(翌年度2回目のCBT試験期間最終日まで)


●中級、初級・・・・制限無し


試験内容

●上級

□一次試験(記述式/180分)
  • ① 経営に関するケーススタディ(2問)
□二次試験
  • ① 経営課題に関するレポートの作成
    (記述式/2週間で自宅作成、事前提出)
  • ② レポートのプレゼンテーション
    (発表時間:1人10分程度、質疑応答:約5分)
    パワーポイントで作成した経営課題のレポートのプレゼンテーションを行う。
  • ③ グループ・ディスカッション(5〜7人のグループでディスカッションを行う/時間:40分)

●中級 (マークシート4問択一:100問/180分)

□第一分野
  • マネジメント
  • ① マネジメントの基本
  • ② 経営戦略
  • ③ 組織デザインとマネジメント
  • ④ マネジメント・スキル
  • ⑤ 内部統制
  • 人的資源管理
  • ① 人的資源管理の原則
  • ② 人事制度と能力開発
  • ③ 労務管理と労使関係 など
  • 経営法務
  • ① 企業経営と法務
  • ② 企業組織と法務
  • ③ 企業取引と法
  • ④ 企業活動と法規制
  • ⑤ 企業をめぐる紛争と法
□第二分野
  • マーケティング
  • ① マーケティングのコンセプト
  • ② マーケティング・リサーチと標的市場
  • ③ マーケティング・プログラム
  • ④ マーケティングのさらなる展開 など
  • IT経営
  • ① 企業経営と経営情報システム
  • ② 情報処理とICTシステム
  • ③ ICTシステムの開発
  • ④ 経営情報システムに関する情報セキュリティ
  • 経営財務
  • ① 経営財務の意義
  • ② 資本市場と投資
  • ③ 企業価値
  • ④ 業績評価と経営分析
  • ⑤ 資金調達と資本構成
  • ⑥ 管理会計 など

●初級 (マークシート4問択一:50問/90分)

  • 企業システム
  • ① 会社と経営
  • ② 企業・会社の概念と諸形態
  • ③ 所有・経営・支配と経営目的
  • ④ コーポレート・ガバナンス
  • ⑤ 日本型企業システムなど
  • 経営戦略
  • ① 経営戦略の体系と理論
  • ② 全社戦略
  • ③ 事業戦略
  • ④ 機能別戦略
  • ⑤ 経営戦略の策定と経営環境など
  • 経営組織
  • ① 組織に関する基礎理論
  • ② 経営組織の基本形態
  • ③ 企業組織の諸形態
  • ④ 組織の制度・管理・文化など
  • 経営管理
  • ① 経営管理の基礎理論
  • ② 経営機能と管理機能・リーダーシップ・マネジメントプロセス
  • ③ 経営計画
  • ④ コントロールなど
  • 経営課題
  • ① M&Aと買収防衛策
  • ② 経営のグローバリゼーション
  • ③ 企業経営と情報化
  • ④ 企業の社会的責任(CSR)と企業倫理
  • ⑤ 環境経営など

☆こんな問題が出ます


合格基準

●上級

□一次試験:200点満点中、65%以上の得点で合格となります。
□二次試験:300点満点中、65%以上の得点で合格となります。


●中級

各分野100点満点中、65点以上で合格となります。


●初級

100点満点中、65点以上で合格となります。


免除(科目等)について

●上級

一次試験のみ合格した場合、受験後に実施される試験2回までに限り、一次試験が免除されます。


●中級

どちらかの分野に合格した場合、受験後に実施される試験2回までに限り、合格分野が免除されます。


身体上の障害等に係る特別措置について

「ハンディキャップ受験申請書」をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて
FAX:03-5209-0552もしくは、E-mail:help@cbt-s.comに送付して下さい。


願書申込み受付期間

●上級(CBTにおいての申込日は現在検討中)

□1次試験

9月上旬〜10月下旬頃まで

□2次試験・・・・・

12月上旬〜翌年1月下旬頃まで(年1回)


●中級、初級

  • ① 9月上旬〜10月下旬頃まで
  • ② 4月上旬〜5月下旬頃まで(年2回)

試験日程

  • ① 6月中旬〜7月中旬頃までの約1か月間
  • ② 11月中旬〜12月中旬頃までの約1か月間

受験地

全国各地のCBTソリューションズ試験会場


受験料(税込み)

●上級

□1次試験・・・・・8,800円
□2次試験・・・・・28,600円

●中級(各分野)・・・・4,950円 (分野別再受験は各4,950円)

●初級・・・・4,950円


合格発表日

●上級

□1次試験・・・・・翌年1月上旬頃
□2次試験・・・・・翌年4月上旬頃

●中級、初級

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

一般社団法人 日本経営協会 検定事務局 03-3403-1472
問合せフォーム
CBTソリューションズ 03-5209-0553


ホームページ

一般社団法人 日本経営協会
CBTソリューションズ


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら


経営学検定試験(MQT)に関連する資格

中小企業診断士  リテールマーケティング(販売士)検定試験  簿記検定