国家資格 運転免許

運転免許とは?

運転免許とは、各運転する者がその車種を運転する資格があることを証明するもので、実際に運転する時には、その免許証を携帯する義務があります。大きく分けて、普通免許、大型二輪免許、普通ニ輪免許、原付免許、大型免許などがあります。また、平成24年4月1日から、補聴器を用いても10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえない聴覚障害のある方でも、運転できる自動車等の種類が、以下のとおり拡大されました。
・大型二輪免許
・普通二輪免許
・小型特殊免許及
・原付免許
・普通一種免許及び普通仮免許
  業務独占資格  名称独占  実務経験なしで受験できる国家資格  試験当日結果がわかる資格  更新が必要な資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
就職先は? タクシーや大型の運転には二種や大型自動車の免許が必須。普通自動車は必須にしている一般の会社もあります。自分の行動範囲を広げるために必要です。

問題集はこちら

 資 格 概 要

受験資格

○普通二輪(中型、小型)、小型特殊、原付・・・・16歳以上の者。
○普通自動車、大型特殊、大型二輪(1種)・・・・18歳以上の者。
○中型自動車(1種)・・・・

20歳以上の者で普通か大型特殊免許所持歴2年以上の者

○大型自動車(1種)・・・・

21歳以上の者で普通か大型特殊免許所持歴3年以上の者

○けん引(1種)・・・・

18歳以上で普通、大型、大特いずれかの1種・2種免許所持者

○普通自動車、中型自動車、大型自動車、大型特殊(2種)
  • ① 満21歳以上で大型免許、中型免許、普通免許又は大型特殊免許の免許所持者で、免許を受けていた期間が通算して3年以上の方。(取消処分等で免許証上で経歴が確認できない場合は運転経歴証明書が必要となります。)
  • ② いずれかの2種免許を取得している者。
○けん引(2種)

現在、大型・普通・大特のいずれかの免許を取得していて、その免許経歴(免許停止期間を除く)が通算3年以上の方で、 且つ、けん引一種または他の二種免許所持者。


試験内容

●適正

  • ① 視力
  • ② 色彩能力
  • ③ 深視力検査(2種のみ)
  • ④ 聴力
  • ⑤ 運動能力

●学科

□原付・小型特殊免許

48問(文章問題46問、イラスト問題2問)(マークシート)

□普通二輪・大型二輪

95問(文章問題90問、イラスト問題5問)(マークシート)

□大型特殊・普通・大型自動車

95問(文章問題90問、イラスト問題5問)(マークシート)

□第2種免許

95問(文章問題90問、イラスト問題5問)(マークシート)


●技能

  1. 直線・周回・S字・坂道など
  2. 交差点・運転能力など


合格基準

●適正

□視力
  • 原付・小型特殊:両眼で0.5以上
  • 普通二輪・大型二輪・大型特殊第一種・普通第一種・普通仮免許:両眼で0.7以上で、かつ一眼でそれぞれ左右が0.3以上
  • 中型第一種・大型第一種・けん引第一種・中型仮・大型仮免許、全第二種:両眼で0.8以上で、かつ一眼でそれぞれ左右が0.5以上

□色彩能力

赤色・青色・黄色の識別ができること。


□深視力検査
  • 三桿法の奥行知覚検査器により、2.5mの距離で3回検査し、その平均誤差が2cm以下
    (大型(仮免を含む)、中型(仮免を含む)、けん引、二種免許のみ)

□聴力検査
  • 中型(8t限定)、普通(仮免含む)、大型特殊、大型(仮免含む)、中型(仮免含む)、けん引、二種:10mの距離において90dBの音が聞こえること

□運動能力
  • 全種:四肢又は体幹について運転に必要な運動能力を有していること


●学科

満点中、90%以上の得点率で合格となります。

●技能

  • ① 全ての第一種免許及び普通仮免許は、70%以上の得点率で合格となります。
  • ② 中型仮免許及び、大型仮免許は、60%以上の得点率で合格となります。
  • ③ 第二種免許は、80%以上の得点率で合格となります。

免除(科目等)について

●学科

  • ① いずれかの第一種免許取得者:他の第一種免許試験の学科が免除。
  • ② いずれかの第二種免許取得者:いずれかの第一種免許試験の学科が免除。
  • ③ いずれかの第二種免許取得者:他の第二種免許試験の学科が免除。

●技能

  • ① 指定自動車教習所を卒業した者が、有効期限(1年間)以内に試験を受験する場合は技能試験が免除。
  • ② 外国の免許取得者が日本の運転免許試験を受験する場合、下記の条件を満たすことにより、学科試験と技能試験が免除。
  • 現在有効な外国の免許を受けていること
  • 外国の免許取得後、その国に滞在していた期間が通算して3ヶ月以上あること。
  • 切り替える日本の免許の種類に応じた日本の受験資格を満たしていること。(年齢、経歴等)
  • 日本で、免許の効力が停止されている期間中又は免許取消し等の欠格期間中でないこと。

身体上の障害等に係る特別措置について

身体障害者の方、意識障害のある病気を持っている方等が、運転免許試験を受けようとするとき、また、免許を更新しようとするときは、受験等に先立って免許の取得(更新)が可能かどうかについて受験に先立って、免許の取得並びに更新が可能かどうかを地元の警察署もしくは、障害の度合いの思い方の場合は、運転免許試験センターの運転適性相談室に相談する必要があります。相談時に身体障害者手帳をお持ちの場合は、持参して下さい。


○主な相談内容
  • 運動能力(四肢又は体幹の機能)、視力、視野、深視力、聴力、色彩識別
  • 一定の病気等(発作等により意識障害又は運動障害をもたらす病気、自動車の安全な運転に影響を及ぼすおそれのある症状)に関する相談

○身体障害等に応じた具体的な(審査)内容
  • 眼鏡等の使用
  • 補聴器の使用
  • オートマチック車の使用
  • 手動式アクセル及びブレーキの使用

等について個別に審査し、最も適した車種の限定や条件を付与して受験を行います。


◎一定の病気等

一定の病気等により、自動車等の運転に支障がある場合には、現在の病状に関して医師の診断により、免許の受験や更新の可否について審査を行います。
運転適性相談後、後日、医師の診断書(公安委員会提出用)を提出を求められる場合があります。
また、過去に一定の病気等を理由に運転免許の取消処分となった方が免許の受験をする際についても、事前に運転適性相談行う必要があります。


願書申込み受付期間

随時


試験日程

随時


受験地

各都道府県運転免許センター


受験料

免許により異なります。


合格発表日

当日


合格後の更新について

有効期間満了年の誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヵ月後までの間に更新する必要があります。 有効期間は免許の有効期間の部分の色、年齢により3年、4年、5年と分かれています。


受験申込・問合せ

各都道府県警察本部運転免許課、各免許センター、自動車教習所。

ホームページ

なし


参考書・問題集

問題集はこちら


運転免許

 がとれる通信教育・スクール

日本の各地にある自動車運転免許の教習所ガイド。最短13日間で卒業、免許取得ができるコースも。合宿先には一流ホテルや豪華な料理も


北海道から九州までを厳選した合宿免許専門情報検索サイト。交通手段の手配からコールセンターまであなたを最後までしっかりサポート。


激安・格安で合宿免許をご紹介!ツイートでいち早く早割・学割・グル割などお得な情報も随時更新中です。