国家資格 運行管理者

運行管理者とは?

運行管理者とは、トラック、バス、タクシーなどの営業用自動車の運行の安全確保のためにも設けられた国家資格。一定の数以上の事業用自動車を有している営業所ごとに、一定の人数以上の運行管理者をおくことが義務付けられています。原則的に、この試験に合格して運行管理者資格証を取得した者でなければ運行管理者として選任されません。
  業務独占資格  名称独占  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。近年合格率は、貨物:29.1%、旅客:32.3%ほど。
ツアーバス事故の影響によるものか合格率は年々減少。
就職先は? トラック、バス、タクシーなどの運送系会社
仕事内容は? 事業用自動車の運転者の乗務割の作成、交代要員の配置、休憩・睡眠施設の保守管理、過積載の防止、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示など

問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる

 資 格 概 要

受験資格

  1. 自動車運輸事業者(軽貨物運輸業を除く)又は、特定第2種利用運送事業者の事業用自動車の運行管理に関する実務経験が1年以上のもの。
  2. 国土交通大臣が認定する講習実施機関において、試験区分に応じた基礎講習を修了(受講予定の方は、試験日の前日までに修了)したもの
  • ① 貨物自動車運送事業輸送安全規則に基づき国土交通大臣から認定された講習実施機関で基礎講習を受講されたものは、貨物試験の受験資格となります。
  • ② 旅客自動車運送事業運輸規則に基づき国土交通大臣から認定された講習実施機関で基礎講習を受講された方は、旅客試験の受験資格となります。
    (実務経験がないものはこの基礎講習を受ける必要があります。)

試験内容

●貨物

  • ① 貨物自動車運送事業法
  • ② 道路運送車両法
  • ③ 道路交通法
  • ④ 労働基準法
  • ⑤ その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

●旅客

  • ① 道路運送法
  • ② 道路運送車両法
  • ③ 道路交通法
  • ④ 労働基準法
  • ⑤ その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

☆過去問はこちら



合格基準

  • ① 原則として、総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること。
  • ② 次表の(1)〜(4)の出題分野ごとに正解が1問以上であり、(5)については正解が2問以上であること。

  • 貨物自動車は貨物自動車運送事業法、旅客自動車は道路運送法:8題
  • 道路運送車両法:4題
  • 道路交通法:5題
  • 労働基準法:6題
  • その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力:7題

免除(科目等)について

取得しようとする運行管理者資格者証の種類(一般乗合旅客、一般貸切旅客、一般乗用旅客、特定旅客、貨物)の実務経験が5年以上で、その間に運行の管理に関する講習を5回以上受講していることで、無試験で資格を得ることができます。
ただし、運行の管理に関する講習として、5回以上の講習のうち、少なくとも1回は基礎講習を受講している必要があります。


身体上の障害等に係る特別措置について

申請後早めに(公財)運行管理者試験センター試験事務センターにご連絡ください。


願書受付期間

@11月下旬〜12月中旬頃まで
A5月下旬〜6月中旬頃まで(年2回)


試験日程

@3月第1日曜日
A8月第4日曜日(年2回)


受験地

全国主要都市


受験料

6,000円(非課税)


合格発表日

試験から1ヵ月以内


受験申込・問合せ

公益財団法人 運行管理者試験センター
試験事務センター 04-7170-7077

ホームページ

公益財団法人 運行管理者試験センター


参考書・問題集

問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる