国家資格 酸素欠乏危険作業主任者

酸素欠乏危険作業主任者とは?

下水道敷設やトンネル開削など密閉された地下工事での人名の安全を確保する専門家です。
  業務独占資格  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
講習と修了考査で取得できます。合格率は、ほぼ100%。
就職は? 硫化水素中毒防止のための安全対策や作業指揮など、活動の幅が広く、現場において責任者としての活躍が期待できます。
仕事内容は? 作業者が酸欠にならないように、作業手順・方法の決定および直接指揮、換気装置、空気呼吸器、測定器具などの点検・整備・使用状況の監視を行うなど安全対策を行います。

参考書はこちら

 資 格 概 要

受受講資格

18才以上の者


受講内容

□学科
  • ① 酸素欠乏症及び救急そ生に関する知識(2時間)
  • 酸素欠乏症の病理、症状および救急処置
  • ② 酸素欠乏症の発生の原因と防止措置に関する知識(3時間)
  • 酸素欠乏の発生の原因
  • 酸素欠乏の発生しやすい場所
  • 酸素の濃度の測定方法
  • 換気の方法
  • ③ 保護具に関する知識(2時間)
  • 空気呼吸器、酸素呼吸器及び送気マスク、墜落制止用器具等並びに救出用の設備及び器具の使用方法並びに保守点検の方法
  • ④ 関係法令(2時間)
  • 労働安全衛生法施行令
  • 労働安全衛生規則(昭和四十七年労働省令第三十二号。)及び酸素欠乏症等防止規則中の関係条項
  • ⑤ 修了試験

    □実技
    • ① 救急そ生の方法(2時間)
    • 人工呼吸の方法
    • 人工そ生器の使用方法
    • ② 酸素の濃度の測定方法(1時間)
    • 酸素濃度測定器の取扱い
    • 測定位置の選定
    • ③ 修了試験

    免除(科目等)について

    • 昭和四十六年九月二十六日までに都道府県労働基準局長又は建設業労働災害防止協会が行つた酸欠作業主任者講習を修了した者は、学科@、学科A、学科Bが免除。
    • 日本赤十字社の行う救急法の講習を修了して救急員認定証を受けた者は、実技@が免除。
    • 平成十年三月三十一日までに日本赤十字社の行つた救急法一般講習Uを修了して合格証を受けた者は、実技@が免除。
    • 平成六年十二月三十一日までに日本赤十字社の行つた救急法の講習を修了して救急員適任証を受けた者は、実技@が免除。
    • 船員労働安全衛生規則(昭和三十九年運輸省令第五十三号)第二十八条第一項の国土交通大臣が指定した講習(同項第十二号又は第十三号に掲げる作業に係るものに限る。)の課程を修了した者は、学科@、学科B、実技@、実技Aが免除。

    願書申込み受付期間

    実施先までお問い合わせ下さい。


    受講日程

    実施先までお問い合わせ下さい。


    受講地

    実施先までお問い合わせ下さい。


    受講料

    実施先までお問い合わせ下さい。


    合格発表日

    実施先までお問い合わせ下さい。


    受講申込・問合せ

    各都道府県労働局

    ホームページ

    各都道府県労働局


    参考書・問題集

    参考書はこちら


    酸素欠乏危険作業主任者に関連する資格

    高圧室内作業主任者


更新が必要な資格