国家資格 建設用リフト運転士

建設用リフト運転士とは?

建設用リフト運転士とは、荷物のみを運搬することを目的とするエレベーター(積載荷重0.25t以上でガイドレールの高さが10m以上の建設用リフト)においてを操作する為に必要な資格で、特別教育講習で取得できます。簡単なスイッチの操作によって昇降が行えますが、業務に就くためには、この特別教育を修了する必要があります。
  業務独占資格  講習プラス試験で取れる資格  試験当日結果がわかる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(易しい)。
勉強時間は? 講習で取得できます。
就職は? 建築現場など。
仕事内容は? 建設用リフトの運転業務(建築資材、建設機械などの搬入、積み降ろしなど)リフトの修理、点検整備などを行います。

 資 格 概 要

受講資格

満18歳以上の者。


受講内容

●学科講習科目

  • ① 建設用リフトに関する知識(2時間)
  • ② 建設用リフトの運転のために必要な電気に関する知識(2時間)
  • ③ 関係法令(1時間)

●実技講習科目

  • ① 建設用リフトの運転及び点検(3時間)
  • ② 建設用リフトの運転のための合図(1時間)

願書申込み受付期間

地域により異なります。詳しくは実施団体までお問い合わせ下さい。
実施されない場合もあります。


受講日程

月1回程度(地域により異なります。)
実施されない場合もあります。


受講地

全国の技能講習センターなど


受講料(税込み)

おおよそ10,000円程度(テキスト代込み)


合格発表日

即日


受験申込・問合せ

一般社団法人 労働技能講習協会 Tel:03-3557-5621(代表)

ホームページ

一般社団法人 労働技能講習協会


建設用リフト運転士に関連する資格

クレーン・デリック運転士  昇降機検査資格者