国家資格 建設機械施工技士

建設機械施工技士とは?

建設機械施工技士とは、 建設現場で建設機械施工に関する運転操作や、監理技術者や主任技術者として現場の施工管理を行う責任者を認定する国家資格です。また、1・2級建設機械施工技士合格者は、5つの特典が付与されます。
  名称独占

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
1級学科:25.0%、1級実地:63.8%、
2級学科:42.3%、2級実地:83.8%ほど。
就職先は? 土木・建設系企業。
仕事内容は? 1級建設機械施工技士は各種建設機械を用いた施工における指導・監督的業務を行い、2級建設機械施工技士はさらに第1種から第6種までに分類され、それぞれの機械を用いた施工において、運転・施工の業務に携わる。
年収は? 建設機械運転工の平均年収は420.9万円(賞与込)です。

2019年 男性  給料


 

2019年 女性  給料


平均年収:422.6万円
平均月収:30.8万円
平均時給:1,633円
年間賞与等:52.1万円
平均年齢:48.2歳
平均勤続年数:12.6年

 

平均年収:345.2万円
平均月収:25.3万円
平均時給:1,318円
年間賞与等:41.3万円
平均年齢:35.8歳
平均勤続年数:7.4年

(2019年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●一級

  1. 大学で指定学科卒業後、実務経験3年以上(指定学科以外は4年6月以上)
  2. 短大、高専指定学科卒業後、実務経験5年以上(指定学科以外は7年6月以上)
  3. 高校卒業者で、2級合格者、実務経験5年以上
  4. 2級合格者、実務経験5年以上
  5. 実務経験15年以上 など。

●二級

  1. 大学で指定学科卒業後、実務経験6ヶ月以上(指定学科以外は1年以上)
  2. 実務経験6年以上 など。

※職務経験や学歴により細かく規定されています。詳しくはHPでご確認ください。


試験内容

●一級

□筆記
  • ① 土木工学
  • 建設機械による建設工事の施工に必要な土木工学に関する一般的な知識
  • 設計図書に関する一般的な知識
  • ② 建設機械原動機
  • 建設機械の内燃機関の構造及び機能に関する一般的な知識
  • 建設機械の内燃機関の運転及び取扱いに関する一般的な知識
  • 機械の内燃機関の衰損、故障及び不調の原因並びにその対策に関する一般的な知識
  • ③ 石油燃料
  • 石油燃料の種類、用途及び取扱いに関する一般的な知識
  • ④ 潤滑剤
  • 潤滑剤の種類、用途及び取扱いに関する一般的な知識
  • ⑤ 建設機械
  • 建設機械の構造及び機能に関する一般的な知識
  • 建設機械の運転及び取扱いに関する一般的な知識
  • 建設機械の衰損、故障及び不調の原因並びにその対策に関する一般的な知識
  • ⑥ 建設機械施工法
  • 建設機械による建設工事の施工の方法に関する一般的な知識
  • 建設機械の施工能力の測定に関する一般的な知識
  • 建設機械による建設工事の施工の経費の積算に関する一般的な知識
  • ⑦ 法規
  • 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識
□実地
  • ① 組合せ施工法(記述式試験)
  • ② 操作施工法(実技試験)
  • 第1種(ブルドーザ)
  • 第2種(油圧ショベル)
  • 第3種(モータ・グレーダ)
  • 第4種(ロード・ローダ)
  • 第5種(アスファルト・フィニッシャ)
  • 第6種(アースオーガ)
    第1種から第6種の種別の建設機械について、操作施工法(実技)及び組み合わせ施工法(記述式)により実施します。なお、操作施工法の試験は6つの種別から2つを選択し受検することになります。

●二級

□筆記
  • ① 土木工学
  • 建設機械による建設工事の施工に必要な土木工学に関する概略の知識
  • 設計図書を正確に読みとるための知識
  • ② 建設機械原動機
  • 建設機械の内燃機関の構造及び機能に関する概略の知識
  • 建設機械の内燃機関の運転及び取扱いに関する概略の知識
  • 機械の内燃機関の衰損、故障及び不調の原因並びにその対策に関する概略の知識
  • ③ 石油燃料
  • 石油燃料の種類、用途及び取扱いに関する概略の知識
  • ④ 潤滑剤
  • 潤滑剤の種類、用途及び取扱いに関する概略の知識
  • ⑤ 法規
  • 建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識
  • ⑥ 選択種の建設機械施工法
□実地

@操作施工法(実技試験)

  • 第1種(ブルドーザ)
  • 第2種(油圧ショベル)
  • 第3種(モータ・グレーダ)
  • 第4種(ロード・ローダ)
  • 第5種(アスファルト・フィニッシャ)
  • 第6種(アースオーガ)
    試験日1日当たり最大2つの種別が受検できます。3つの種別以上を受検する場合は2日以上の試験となります。なお、平成28年度以降の学科試験に合格した者は、実務経験年数を満たせば、その合格種別について、学科試験合格年度を含む12年間の連続する2回の実地試験について、学科免除受検者として実地試験を受検することができます。

合格基準

●一級

□学科試験:得点が60%以上
□実地試験(組合せ施工法):得点が60%以上
□実地試験(操作施工法・科目ごと):各科目の得点が60%以上
で合格となります。


●二級

□学科試験:得点が60%以上で合格となります。
□実地試験(操作施工法・第1種〜第6種までの種別ごと)・・・・

得点が70%以上で合格となります。


免除(科目等)について

●一級

  • 前年の学科試験に合格した者は、翌年の試験に限り学科試験が免除されます。

●二級

  • 前年の学科試験に合格した者は、翌年の試験に限り学科試験が免除されます。
  • 指定された年度内の2級建設機械施工技術研修の修了試験合格者は学科試験が免除されます。

願書申込み受付期間

●1級

□学科試験・実地試験

@2月中旬〜3月中旬頃まで


●2級
□学科試験・実地試験(Aは学科試験のみ)

@2月中旬〜3月中旬頃まで
A9月中旬〜10月下旬頃まで(学科試験のみ)


試験日程

●1級

□学科試験

@6月中旬頃

□実地試験

@8月下旬〜9月中旬の先方指定日


●2級

□学科試験

@6月中旬頃 A1月中旬頃

□実地試験

@8月下旬〜9月中旬の先方指定日


受験地

□学科試験

北広島、滝沢、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

□実地試験

石狩、仙台、下都賀郡、秩父、小松、富士、刈谷、明石、小野、広島、善通寺、糟屋郡、国頭郡

学科試験地及び実技試験地は会場の都合により変更する場合があります


受験料

●1級

□学科試験

10,100円(1種別につき)

□実地試験

操作施工法免除なし・・・・27,800円
操作施工法1科目免除・・・・21,400円
操作施工法2科目免除・・・・15,000円


●2級

□学科試験

1種別に付、10,100円(2種別まで同時に受検可)

□実地試験

21,600円(1種別につき)


合格発表日

□学科・・・・8月上旬頃
□実地・・・・11月下旬〜12月上旬頃


受験申込・問合せ

一般社団法人 日本建設機械化協会試験部 03-3433-1575

ホームページ

一般社団法人 日本建設機械化協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


建設機械施工技士に関連する資格

車両系建設機械技能者  ショベルローダー等運転技能者