国家資格 自動車整備士

自動車整備士とは?

経験と新しい技術で自動車を整備する、専門の技術者です。
  業務独占資格  必置資格  専門学校卒業で実務経験が免除される国家資格  実務経験なしで受験できる国家資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
●学科試験
1級小型:52.7%
2級ガソリン:51.6%
2級ジーゼル:43.1%
2級シャシ:93.0%
2級2輪:83.8%
3級シャシ:69.2%
3級ガソリン:61.6%
3級ジーゼル:73.6%
3級2輪:68.7%
電気装置:79.2%
車体:88.9%ほど。
●実技試験
1級小型:73.8%
2級ガソリン:46.2%
3級シャシ:66.2%ほど。
就職は? 自動車ディーラー、バイク屋さんなど。自動車整備士の有資格者数は圧倒的に少なく、慢性的な不足状態であるため、将来的にも安定している。(ただし、常に新しい技術を勉強しなくてはなりません)
仕事内容は? 自動車・オートバイなどの点検、整備、調整などを行います。
年収は? 自動車整備工の平均年収は432.2万円(賞与込)です。

2020年 男性  給料


 

2020年 女性  給料


平均年収:433.8万円
平均月収:29.2万円
平均時給:1,633円
年間賞与等:82.9万円
平均年齢:39.0歳
平均勤続年数:12.7年

 

平均年収:318.5万円
平均月収:21.9万円
平均時給:1,316円
年間賞与等:54.7万円
平均年齢:32.9歳
平均勤続年数:6.0年

(2020年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


 資 格 概 要

受験資格

●1級

  1. 2級合格後、3年以上の実務経験者
  2. 国土交通省指定の1級自動車整備士養成課程修了者

●2級

  1. 3級合格後、3年以上の実務経験者
  2. 大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者で3級合格後、1年6ヶ月以上の実務経験者
  3. 職業能力開発総合大学校産業機械工学科修了者など

●3級

  1. 15歳以降に、1年以上の実務を経験した者
  2. 大学、高専、高校、職能学校、3級課程で指定学科修了した者
  3. 大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者、高校の機械科卒業者、自動車整備科合格者で、6ヶ月以上の実務経験者

※試験区分は以下のとおりです。など


●1級自動車整備士

  1. 1級大型自動車整備士
  2. 1級小型自動車整備士
  3. 1級2輪自動車整備士

(上記の中から1種類を選択受験)


●2級自動車整備士

  1. 2級ガソリン自動車整備士
  2. 2級ジーゼル自動車整備士
  3. 2級自動車シャシ整備士
  4. 2級2輪自動車整備士

(上記の中から1種類を選択受験)


●3級自動車整備士

  1. 3級自動車シャシ整備士
  2. 3級ガソリン・エンジン自動車整備士
  3. 3級ジーゼル・エンジン自動車整備士
  4. 3級2輪自動車整備士

(上記の中から1種類を選択受験)


●特殊整備士

  1. 自動車タイヤ整備士
  2. 自動車電気装置整備士
  3. 自動車車体整備士

(上記の中から1種類を選択受験)


試験内容

※各種別ともそれぞれの科目に関して、学科試験(1級は筆記試験と口述試験)と
  実技試験が行われます。

●1級自動車整備士

□筆記及び口述
  • ① 構造、機能及び取扱い法
  • ② 点検、修理、調整及び完成検査の方法
  • ③ 整備用機械に関する初等知識
  • ④ 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱い法
  • ⑤ 材料及び燃料油脂の性質及び用法
  • ⑥ 図面に関する一般知識
  • ⑦ 保安基準その他の自動車の整備に関する法規
□実技試験
  • ① 基本工作
  • ② 点検、分解、組立て、調整及び完成検査
  • ③ 修理
  • ④ 整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い

●2級自動車整備士

  • ① 構造、機能及び取扱い法に関する一般知識
  • ② 点検、修理、調整及び完成検査の方法
  • ③ 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法に関する一般知識
  • ④ 材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する一般知識
  • ⑤ 図面に関する初等知識
  • ⑥ 保安基準その他の自動車の整備に関する法規
□実技試験
  • ① 基本工作
  • ② 点検、分解、組立て、調整及び完成検査
  • ③ 修理
  • ④ 整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い

●3級自動車整備士

  • ① 構造、機能及び取扱い法に関する初等知識
  • ② 点検、修理及び調整に関する初等知識
  • ③ 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法に関する初等知識
  • ④ 材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する初等知識
  • ⑤ 保安基準その他の自動車の整備に関する法規
□実技試験
  • ① 基本工作
  • ② 点検、分解、組立て、調整及び完成検査
  • ③ 修理
  • ④ 整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い

●特殊整備士

  • ① 構造、機能及び取扱法
  • ② 点検、修理、調整及び完成検査の方法
  • ③ 整備用機械に関する初等知識
  • ④ 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法
  • ⑤ 材料の性質及び用法
  • ⑥ 図面に関する一般知識
  • ⑦ 保安基準その他の自動車の整備に関する法規
□実技試験
  • ① 基本工作
  • ② 点検、分解、組立て、調整及び完成検査
  • ③ 修理
  • ④ 整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い

☆過去問はこちら


合格基準

●一級小型

□学科試験

以下の全ての条件を満たすことで合格となります。

  • 50点満点中、40点以上の成績。
  • それぞれの分野ごとに40パーセント以上の成績。
□実技試験

40点満点中32点以上の成績であって、かつ、各問題の配点に対して、それぞれ40%以上の成績で合格となります。


●二級ガソリン

□学科試験

以下の全ての条件を満たすことで合格となります。

  • 40点満点中、28点以上の成績。
  • それぞれの分野ごとに40パーセント以上の成績。
□実技試験

30点満点中18点以上の成績であって、かつ、各問題の配点に対して,それぞれ40%以上の成績で合格となります。


●二級ジーゼル

以下の全ての条件を満たすことで合格となります。

  • 40点満点中、28点以上の成績。
  • それぞれの分野ごとに40パーセント以上の成績。

●二級シャシ

以下の全ての条件を満たすことで合格となります。

  • 30点満点中、21点以上の成績。
  • それぞれの分野ごとに40パーセント以上の成績。

●三級ガソリン・ジーゼル・2輪

30点満点に対し21点以上で合格となります。


●三級自動車シャシ

□学科試験
  • 30点満点中、21点以上の成績で合格となります。
□実技試験

30点満点中18点以上の成績で合格となります。


●電装・車体

  • 40点満点中、28点以上の成績。

□実技試験

以下の全ての条件を満たすことで合格となります。

  • 40点満点中、32点以上の成績。
  • 各問題の配点に対して、それぞれ40%以上の成績。

免除(科目等)について

学歴・職務経歴等により、科目免除制度があります。詳しくはこちらをご覧ください。


願書申込み受付期間

◎検定試験

@5月上旬頃の10日間ほど(2級自動車シャシのみ)


◎登録試験

A8月上旬頃の5日間ほど
B1月中旬〜下旬頃の5日間ほど


試験日程

◎検定試験

□学科

@7月下旬頃

□実技

@9月上旬頃(年1回)


◎登録試験

□学科

A10月上旬頃
B3月下旬頃(1級口述は5月上旬頃)

□実技

A1月中旬頃
B8月下旬頃(年2回)


受験地

◎登録試験

□学科

原則として各自動車整備振興会所在地の都道府県等

□実技

札幌、宮城、新潟、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡


受験料

◎検定試験

□学科

種類1件につき7,000円
(1級以外は:5,200円、学科試験及び実技試験の全免除者は、2,450円)

□実技

13,500円


◎登録試験
●1級

□学科・・・・7,000円
□実技試験・・・・13,500円

●2級・3級・電送・車体

□学科・・・・7,000円
□実技試験・・・・13,500円

合格発表日

試験終了、約2週間後


受験申込・問合せ

  • 国土交通省自動車交通局技術安全部整備課 03-5253-8111(内線42414)
  • 一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会 03-3404-6141

ホームページ

一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会


参考書・問題集

問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


自動車整備士に関連する資格

中古自動車査定士  洗車検定